ロゴ

在宅ワークのメリットとは?【自分でコントロールが可能になる】

在宅ワーク

こんにちは、Shizuです。

私は国際結婚をきっかけにして、在宅ワークを始めて1年半ほどたちます。

先日下記のツイートをしました。

在宅ワークのメリットは「全て自分次第」にあると思う。自分でコントロールできることが多いかなと。働く環境や時間など、自由にアレンジすることができる。快適な空間を作り上げることができるから、生産性も上がる。(子供がいる場合は状況が変わってきますよね…)

在宅ワークの良さは、「自分でコントロールできる範囲が広い」ということ。

本記事で在宅ワークのメリットを知り、「自分が働きやす環境とな何か?」について考えてみましょう。

本記事の内容

  • 在宅ワークのメリットは「全て自分次第」にある
  • 在宅ワークのデメリットの本質は何か?
  • 在宅ワークのメリットで生きていく方法

在宅ワークのメリットは「全て自分次第」にある


自分で調整できる領域が広いと、毎日ストレスなく楽しく過ごすことができます。

自分でコントロールできる範囲が広い

  • 疲れたら昼寝もできる
  • 仕事時間の調整がききやすい
  • 集中できなかったら散歩に行ける
  • リラックスできる」部屋着で仕事OK
  • 心地よい音楽を聴きながら仕事してOK

思いつくものをざっと上げて、これだけのメリットがあります。

そしてこのメリットのおかげで、仕事の質と生産性が上がります。

自分が、仕事に集中できる環境はそれぞれ違います。ですが在宅の場合、この環境を自分用にカスタマイズすることができる点がメリットです。

通勤時間がない

もう一つ大きなメリットとして、通勤がないため時間を有効に使うことができます。

実際、通勤時間がないとこれだけの節約になります。

・通勤にかかる準備:女性の場合1時間
・往復の通勤時間:平均2時間
→通勤にかかる時間:3時間

1日3時間余裕ができたら、何に使えるでしょうか?

家族と過ごす時間、スキルアップのために勉強に励む時間など、有意義に過ごすことができます。

子供がいる環境だと大きく変わる

ツイートでも触れましたが、小さいお子さんがいる家庭はちょっと事情が違います。

私は夫婦共働きの為、自分の仕事に集中できます。しかし子供が家にいる場合は、そうもいかない。その分、面倒を見ながら仕事をする場合はハードですよね。

シッターを雇う利点

オーペアやシッターさんを雇って在宅ワークをしている人は、ここオーストラリアに結構います。コロナの影響を受けて、さらに増加中です。

しかし日本では、このようなやり方はまだまだ浸透されてないのが現状かなと思います。日本でもKXN(ケーバイエヌ)のようなシッターサービスは増えつつあるので、気軽に利用できると良いですよね。

お試し価格で1時間1,200円~利用可能です。ケーバイエヌではバイリンガルシッターもいるので、子供を見てもらいながら英語にも触れることができます。

費用がかかりますが、仕事に集中したい時など気軽に利用できるサービスです。

在宅ワークのデメリットの本質は何か?


在宅ワークのデメリットも、世間一般的に色々あげられてます。

一般的に言われるデメリットとは

例えば下記の通りです。

・運動不足になりがち
・教えてもらう機会が減る
・コミニケーションを取るのが難しい
・プライベートと仕事の境目が薄く怠けがち

しかしこれらは、「自分次第」で簡単に解決できます。

  • 運動不足 →家でも工夫すればエクササイズできる
  • 教えてもらう機会が減る →自分で学ぶ姿勢を持てば、よりレベルアップできる
  • コミニケーション問題 →会社でも同じ。むしろすっきりした関係性を築ける
  • 怠けがちになる →自分との闘いです。管理能力さえ持てば解決できるはず

このような感じです。

デメリットと言われているものは、実は「自分をレベルアップさせてくれる」ものでもあります。

デメリットは特になし

上記理由から、在宅ワークのデメリットは特にないです。

デメリットと思われる部分は、全て自分次第で解決できるため。

【余談】在宅ワークはそんなに甘くない

断言しますが、在宅ワークは楽ではないです。むしろ結果(成果)主義なので、何も残せない人は「仕事ができない人」と思われてしまいます。シビアな世界です。

在宅ワークのメリットで生きていく方法


今現在、コロナの影響もあって「在宅ワーク」が急速に広まっています。在宅ワークがしやすい時代になりました。

在宅ワークを見つける方法

企業が在宅ワークを推奨していない限り、本業で在宅ワークはできませんよね。会社勤めを辞めて、いずれは在宅ワークで食べていきたいと考えるなら、無理ない範囲で副業をおすすめします。

突然会社辞めて在宅でやっていくと決断しても、現在得ている本業の収入を早々在宅ワークで超えることは難しいです。

例えばプログラミングやWEBデザインなど、専門のスキルがあれば可能だと思いますが、この分野で働いている方々は既に在宅で働いているパターンがとても多いです。

まずは副業で小さく始めて見る

在宅ワークを紹介しているサービスはたくさんあります。

▼最大手2社!登録は必須!!幅広い案件を大多数そろえている
» クラウドワークス

▼主婦向けの求人サイト。在宅ワークや、時短勤務の仕事を多数掲載している
» ママワークス

▼ライター向けの求人サイト。Webライティングに挑戦したい人におすすめ。
» サグーワークス

▼在宅OKな、エンジニアやデザイナー向けの求人サイト
» クラウドテック

ざっと挙げただけでもこれだけあります。新しいサービスが次々と出ているので、頻繁にチェックしておくと良いです。

まとめ

在宅ワーク歴1年半ですが、会社勤めしていたころより、下記のように確実にスキルが上がってきていると感じます。

  • 文章力が付いた
  • 時間管理ができるようになった
  • 時間に余裕ができる分、生産性もアップ
  • わからない事は率先して勉強するようになった

在宅ワーク、簡単ではないですがその分スキルアップできたと思っています。

また家族(夫)との時間も確実に確保できるため、例えば一緒にTVをみながら寛ぐ時間が作れたり、仕事だけでなくプライベートも満たされます。

在宅ワークは、控えめに言って最高です。

人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】