ロゴ

【在宅ワーク初心者】始めやすい仕事とは【徐々にスキルを身につけよう】

在宅ワーク

在宅ワーク初心者「特別なスキルがないのですが、初心者でも簡単に取り組める仕事ってなんだろう?誰か教えてください。」

コロナの影響で「在宅でできるコト」に注目がいっています。仕事も同じで、在宅ワークを探す人が多くなりました。

本記事では初心者でも始めやすい在宅ワークの種類を中心に、書き進めていきます。

【在宅ワーク初心者】始めやすい仕事とは【徐々にスキルを身につけよう】

本記事の内容

  • 在宅ワークの種類
  • 初心者が取り組みやすい仕事【経験+スキルを上げる】
  • 登録すべきクラウドソーシングサイト

この記事でいう在宅ワークは「PC作業」が基本です。いわゆる内職と言われる、シール貼りや袋詰めのような手作業は紹介しません。

現代はPCを使う作業が最も一般的なので、PC作業を経験し慣れておきましょう。

在宅ワークの種類


在宅で仕事をしたことが無い方へ向けて、まずは内職と在宅ワークの違いを説明します。

内職と在宅ワークの違い

内職:シール貼りなど、企業に雇用され受け取った材料を使い自宅で行う作業全般。被雇用者区分。
在宅ワーク:PC作業が一般的で、受注した業務を自宅で行い、クライアントに納品するという内職に似た業態。個人事業主。

どちらも「自宅で業務を行い納品する」という点で共通してますが、法律上の違いがあります。内職は被雇用者に区分され、在宅ワークは個人事業主になります。

また賃金にも違いがあります。内職は家内労働法に基づいて、最低金額が保証されていますが、在宅ワークは下請法というという法律が適応され、最低賃金が保証されていません。

そのため、在宅ワークの中には、内職に比べて非常に単価の低い業務などがあるため、未経験者の場合は見極めが必要になります。

在宅ワークでできること=PC作業

在宅でできる仕事は多数あります。

データ入力・テープ起こし・ライティング・テレアポ・アンケートモニター・せどり・アフィリエイト・ブログ・プログラミング・Webデザイナー・オンライン秘書・動画編集・翻訳 etc…

これらの仕事は全て在宅で対応が可能ですが、PCスキルがある事が前提です。

PCスキルとは?

  • 文字をある程度の速さでタイピングできる
  • メールの送受信ができる
  • Googleなどを使い、調べ物ができる
  • WordやExcelの基本操作ができる

こんな感じ。最低限「パソコンを触れる」くらいの経験は必要になります。

PCを全く触ったこと無く持っていないという方は、購入しましょう。

PC操作が一向にできないと、今後できることが限られるので厳しい。現代においてPCスキルは必須です。3~5万円くらいで購入できますので、自分の将来の為に投資しましょう。

下記のPCは、低価格で評判が良いものです。

▼5万円くらい(Lenovo)

Lenovo ノートパソコン ideapad S340(14インチFHD Pentium 4GBメモリ 128GB )

▼3万円くらい(ASUS)

ASUSTek ASUS ノートパソコン (Celeron N4000/4GB・eMMC 64GB/11.6インチ/スターグレー/WPS Office)【日本正規代理店品】E203MA-4000G2/A

初心者が取り組みやすい仕事【経験+スキルを上げる】


では特別スキルが無くても、簡単に取り組める仕事&給料をみていきます。

スキルがなくても取り組める仕事

・データ入力
・テープ起こし
・Webライティング
・転売/せどり
・アフィリエイト(ブログ)

データ入力

PCを使って文字入力していくもので、タイピング作業ができればだれでも仕事ができます。アンケート回答や名刺入力、企業データの入力など。データ入力は「正確性」と「タイピングスピード」が求められます。

時給制 基本1,000円が相場
成果報酬制 件数・文字数できまる。1文字0.1円~1円程度。

テープ起こし

講演会やインタビュー等の、ICレコーダーに録音された音声を文字に起こす仕事です。案件によるが、専門用語が使われる講演会などは初心者には少し難しいかも。未経験歓迎の求人は結構あります。

完全出来高性 1案件につき1,500円~5,000円くらい。

Webライティング

Webページやブログの記事を作成する仕事。文章を書くことが好きな人におすすめで、比較的初心者が参入しやすい分野です。Web記事の需要は益々高くなっていくため、ここ最近注目されている仕事の1つですね。

時給制 1,000円~1,500円。ライティングに加えてWebマーケやSEOを担当することもある。
文字単価制 0.5円~3円程度。経験が高くなるにつれ、文字単価も高くなる仕組み。

転売/せどり

メルカリやebayなどを利用し、物を安く買って高く売る仕事。仕入れ値と、売り値の差を利益にするシンプルなビジネス。また自分の物を売って、おこづかい稼ぎをする人は多い。成果報酬型。

ネットで売り商品を探すことはできるが、時には店へ出向いて仕入れ品をチェックする必要がある。

アフィリエイト(ブログ)

インターネットを利用した広告宣伝で、ブログなどに張った広告から読者が商品を購入した際に利益が発生する。完全成功報酬型で、月に数百万円稼いでいる強者もいます。

こんな感じで、特別なスキルが無くても始められる在宅ワークは多数あります。

【本質】経験を積みながら、スキルをつけていく重要性

「スキルが無い私でもできる仕事は何?」「簡単にできる仕事あるかな」と言った声がありますが、「どういったスキルを身につけて働きたいか」という方向にシフトして考えるべきです。

スキルを必要としない=誰でもできる仕事=給料は安いまま

このルーティーンから抜け出すことはできません。

時間って無限ではないんですよね。限られています。時間を投資して報酬を得る。最初は単価が低くてもこれで良いと思います。

ただし、経験からスキルを学んでいかないと一向に給料を上げることができない。

せっかく時間を使うわけですから、スキルを学び給料を上げていく意識を持ちましょう。すると同じ時間をかけて得る給料に、かなりの差がでてきます。

登録すべきクラウドソーシングサイト


まずはクラウドソーシングから始めるのがおすすめ。

インターネット上で不特定多数の人材に対して業務内容と報酬を提示し、仕事を発注する手法。byコトバンク

クラウドソーシングの定義は上記のとおり。仕事案件が豊富にあり、初心者が仕事をするうえで比較的参入しやすいです。報酬の相場も簡単にチェックできます。

まずはクラウドソーシングサイトへ登録

この3社は大手クラウドソーシングサイトなので、登録しておくべき。登録は無料で5分くらいでできます。

登録だけでも済ませて、日々どういった案件があるのかを見ていくと良いでしょう。

最後に:学びを意識してGIVEする

経験がないことって、たくさんのことを吸収するチャンスです。

そして相手(仕事の発注者)のことを第一に考えて行動する。例えば下記のような行動です。

  • 連絡の返信はまめに行い、早く送る
  • 質問する前に自分で解決できないかを探る
  • 依頼されている仕事へ何か付加価値を付けることができないか提案してみる

このような行動(GIVE)を、スキルを学ぶと同時に取れれば最高です。

まずは簡単に取り組めそうな仕事を見つけて、やってみましょう。やってみないと分かりません。やりながら、「自分に合っていそうか」「楽しめそうか」を考え、続けられそうであればスキルを学ぶことを意識してとことんやる。

現場からスキルを得る以外に、オンライン講座を使って手軽に学ぶこともできます。興味がある方は、下記の記事を参考にしてください。

以上、参考になれば幸いです。

人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】