ロゴ

在宅でコールセンターのお仕事!|副業もOKな求人サイトのご紹介【未経験でも大丈夫】

在宅ワーク

外出ができないから在宅で仕事したい!!でも特別なスキルは持ってないし、パソコン操作は苦手!

という方に向けて、多数職種がある在宅ワークの1つ「コールセンターでのお仕事」に関してご紹介します。

コロナにより、在宅ワークが1つの働き方としての確立した2020年。

  • 仕事が減って収入も落ちた
  • 外での接客業はコロナのリスクがある
  • そもそも接客業の仕事すら見つからない

このように、コロナの影響を受けた人たちは多くいます。そんな中注目を浴びているのが、未経験でスキルも不要、仕事を得やすいコールセンターのお仕事です!

今すぐ探したい!という方は、スマホでもお仕事OKな「コールシェア」がとっても便利。あなたの生活に合わせた勤務が可能で、高収入が狙えます!

在宅でコールセンターのお仕事!|副業もOKな求人サイトのご紹介【未経験でも大丈夫】

本記事の内容

コールセンターと聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?

・精神的にきつそう
・営業電話は大変そう
・ノルマがあって大変そう

こんなイメージを持っている方多いかもしれません。

「大変な仕事」と捉えるか、または「簡単で誰にでもできそう」と捉えるかは個人差があります。では、実際にどのような仕事内容なのか見ていきましょう!

在宅コールセンターのお仕事内容


コールセンターとは、お客様に向けて電話対応を行う部署です。電話対応は大きく分けて、電話を受信する「インバウンド」と発信する「アウトバウンド」の2種類があります。

お客様対応のフロントラインに立つため、企業の顔としての丁寧な対応が求められます。

インバウンド(受信)

  • 注文対応(テレフォンオペレーター)
  • 問い合わせ対応(テレフォンオペレーター)

アウトバウンド(発信)

  • 営業(テレフォンアポイント)
  • 調査(テレフォンマーケティング)

インバウンド(受信)

テレフォンオペレーター(テレオペ)とも言われ、お客様の様々な質問や要望、ときにはクレームなどの「問い合わせ」を一括で受けるのがインバウンドのコールセンターです。

▼電話内容の例
・○○商品を注文したい
・注文した商品のキャンセルしたい
・購入した商品に不具合があるからどうにかしてほしい

例えば店頭で、またはネットで購入した商品に関する問い合わせや、サービス全般に関する質問、契約状況など「お客様の不明点」を解決する役割があります。皆さんも、一度は問い合わせをしたことがあるのではないでしょうか。

どの企業にも、この「お問い合わせ先」があります。テレオペとして働く場合、幅広い問い合わせ内容に対して的確にお答えする力が必要です。

とはいえ、企業は問い合わせの回答集を設けているため、「サービス内容を完璧に覚えなければいけない!」ということではありません。何より、「お客様の質問の意図」を把握することが大事になってきます。

インバウンドに向いている人

電話をかけてきたお客様の気持ちに寄り添い、困ったことを一緒に解決していこうとする「ホスピタリティ精神」を持った人が向いています。また問合せ内容はとても広いので、臨機応変な対応ができる人がよいでしょう。

アウトバウンド(発信)

電話をかける仕事が、アウトバウンドのコールセンターです。主に商品やサービスを営業するためにかけるテレフォンアポイント(テレアポ)、調査目的でかけるテレフォンマーケティング(テレマ)があります。

▼電話内容の例
・商品のご紹介
・サービス導入のご案内
・○○アンケート調査のご協力をいただく
・サービスを購入したお客様に対し、満足度をうかがう

一般の消費者や企業に向けて、商品・サービス情報を積極的にご紹介するために電話をかけていきます。企業向けの場合、商談するためにアポイントを取ることが主な目的です。

基本アウトバウンドの電話応答は、最初の挨拶から締めまでの流れをマニュアル化している会社がほとんどで、マニュアルに沿って対応します。

また、電話をかけるリストもあらかじめ用意されています。インバウンドのような臨機応変な対応というより、マニュアルに的確に沿って進めていく流れになります。

アウトバウンドに向いている人

消費者は、営業電話に対して「面倒くさい」と思っていることが多いため、冷たい対応をされたり、突然電話を切られてしまうということもあります。そのような対応が続いても、気持ちを切り替えられる人は向いているでしょう。

在宅コールセンターの気になる収入


続いて気になる在宅コールセンターのお給料事情。ここでは、業務委託や派遣スタッフとして働く場合で見ていきましょう。

時給制の場合

平均時給ですが、1,000円前後です。求人ボックス給料ナビのサイトがとても参考になります。コールセンターで働く場合、大抵は時給制をとっている会社が多いでしょう。

  • アルバイト・パート:平均969円
  • 派遣社員:平均1,256円


上記は、求人ボックス給料ナビによるデータです。アルバイト平均が969円、また注目して頂きたいのが「1,000円以上の案件もまぁまぁ存在する」ということ。

在宅の事務スタッフとして働く場合と、時給はあまり変わりません。案件によっては、事務スタッフ以上に稼ぐことも可能です!

対応件数制の場合

対応件数ごと○○円と決まっており、かける分だけお給料が上がります。主にアウトバウンド(営業電話やテレマーケティング)対応で見られる方法で、クラウドソーシングのお仕事でよく見られる方法です。

上記はクラウドワークスで、オンライン秘書サービスを提供している大手会社Casterの案件です。

●報酬
1架電当たり69円(税込単価76円) 

1件当たり76円ほど。例えば1時間に20本の発信ができた場合1,520円(税込)が報酬額となります。

営業を行うテレアポでは、ベースのお給料とは別に、賞与(インセンティブ)が設定されているケースも多いです。企業により金額は異なりますが、1件のアポイントあたり数千円を獲得できるため、自身の成果に直結させたいという方には働きがいの大きい仕事です。

在宅コールセンターの仕事はコールシェアで探す


コールセンターのお仕事は、多数の求人サイトから簡単に見つけることができます。その中でも、サポートが充実したコールセンター特化型求人サイト「コールシェア」をご紹介します!

コールシェアの概要




コールシェアは、登録からお仕事開始までを在宅で行うことができ、コールセンターのお仕事に特化した求人サイトになります。

コールシェアの特徴

  • 6人に1人が月収10万円を超える
  • スキルや資格がなくてもできる
  • 好きな時間に勤務OK、自由な働き方ができる

月収が10万円を超えている方が多いのがポイント。コールシェアは、「日本一稼げる在宅ワーク」を目指していて、研修にも力を入れています。

▼月収の例
隙間時間で勤務する主婦:1日4時間 × 14日勤務=8~9万

家事や育児の合間を縫って稼働することも可能です。突然のシフト変更もOK。なぜなら、サポートチームがバックアップしてくれるからです!

徹底したサポートを受けることができるため、安心して稼働することができます。

» 在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

コールシェアのお仕事例

コールシェアには以下のようなお仕事があります。

・法人・個人に向けた簡単なアンケート調査:1件につき500円~1,000円
・商品やサービスの提案をし、アポイント取得:1件につき3,000円〜
・カスタマーサポートとしてお問い合わせに対応:1件につき40円〜

お問い合わせ対応の報酬に比べると、テレアポやテレマは報酬が良いです。しかしお客様にアポを取る、アンケートの回答をいただくことが条件になりますので、少々ハードルが高い印象ですね。

幅広い電話対応のお仕事が用意されているので、まずはお問い合わせ対応から始め、徐々にステップアップしていくことも可能です!

» 在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

まとめ

コールセンターには2種類のお仕事があります。電話対応が未経験であれば、インバウンドから始めるのがおすすめ。

インバウンド(電話を受信)

  • 注文対応
  • 問い合わせ対応

アウトバウンド(電話を発信)

  • 商品やサービスの営業をかける
  • アンケート調査にご協力いただく

コールシェアならサポートが充実しています!登録・初期費用は無料でできるので、チェックしてみてください。



人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】