ロゴ

オーストラリアの歯医者体験【プライベート保険無し】

オーストラリア生活

オーストラリアに移住してもうすぐ2年。

行かなければと思っていた歯医者ですが、ようやく重い腰を上げまして、初オーストラリアの歯医者に挑みました。

海外の歯医者は経験したことが無いですし、治療も日本より劣るのではないかと勝手な妄想ばかりが頭をよぎり、不安にかられるばかり。

しかも、未だにプライベート保険を持っていません。ホスピタルカバーされた保険に加入するのが一般的だと思いますが、果たして価値があるのか悩み、未だ加入できておりません。

その為少々高額な治療費にはなりましたが、結果大満足で終えることができたのでその経験を本記事にてシェアします。

本記事の内容

  • オーストラリア歯医者の治療代
  • オーストラリア歯医者の治療の流れは、日本よりも良い

オーストラリア歯医者の治療代


では早速ですが、私の今回支払った治療費をお伝えしていきます。

払った治療費を細かく見てみる

私の場合、今回は3度程歯医者に通いました。

①検診 + Xray + 歯石除去

・Single X-ray(2か所) $96
・Comprehensive oral exam $68
・Removal of calculus $114
→合計$264

②少し大きい虫歯の治療(歯と歯の間)

・Adhesive restoration(2か所) $420
→合計$420

③小さい虫歯2か所の治療

・Adhesive restoration1 $168
・Adhesive restoration2 $210
→合計$378

合わせまして、、、

合計$1,072 (日本円に換算して81,459円!!)

8万越えですよ、、、プライベート保険を持っていないので、全額負担となります。

永住権があれば「メディケアカード」を無料で使うことができるのですが、歯医者は適応外となっています。そのためプライベート保険に入ってカバーするか、プライベート保険に入らないのなら「全額負担」になるのがここオーストラリア。

噂通り、やはり高額でした。しかし一般的に保険料が月$80だとして、1年に払う保険料は$960。今回私が支払った費用と大して変わりないなぁというところです。

私の場合、歯医者は1年に1度行くくらいなので、プライベート保険に入った方が良いかどうかを歯科費用をベースにして考えるとケースバイケースかなと思います。歯医者に頻繁に通う方なら入った方が良いですよね。

オーストラリア歯医者の治療の流れは、日本よりも良い


高額な費用ではありましたが、結果治療においてはとても満足しています。

通った歯医者情報(南オーストラリア/アデレード)

今回お世話になった歯医者は、Torrens Dental Clinicさんです。

Torrens Dental Clinicは、なんと日本人歯科医師の女性が経営されている歯医者さん。日本とオーストラリアの2か国の歯科医師資格も持ってらっしゃいます。

日本語で治療を受けられるのは、英語があまりスムーズではない私にとっては心強いです。

治療の流れ

日本と変わらない流れでしたが、日本の治療と違ったポイントをあげてみます。

①X-rayを取る際は、治療席に座ったまま取る

これは結構衝撃的だったのですが、別室に移動することなく、そのまま席にてX-rayを取りました。上半身をカバーするプロテクションを掛けられ、X-rayを取る箇所に道具を挟むだけ。あっという間で1分かからずに終わりました。

②歯の診断が素晴らしく細かい

日本だったら、歯の状態チェックとポケットの深さをメインにみられますよね。そしてその結果を聞くだけ。しかし、Torrens Dental Clinicでは、私の歯の特徴をかなり事細かに教えてくれました。

・前歯が斜めにすり減っているのは、かみ合わせがこうだからだよ。
・奥歯がすり減っているけど、就寝中歯ぎしりしてる可能性が高いよ。
・顎関節症になりやすい構造だから、注意しなさい。  などなど、、、

今まで日本の歯医者では言われたことが無いような内容を聞いて、終始おどろき。自分の骨格の特徴からおよぶ歯の噛み方など、あっという間に見抜いてくれて、初めて知ったこともたくさん。

教えてくれた情報を基に、日々意識しながら噛み方を意識しようと心に誓いました。

まとめ

初めてのオーストラリア歯科医にかかりましたが、高額な医療費を支払うことになりました。

でも結果、治療はしっかり行ってくれて満足しています。メディケアで歯の治療費がカバーされないのは本当残念ですよね、、、。

歯の事もそうですが、プライベート保険はエクストラカバーだけでも良いので入りたいと思います。良い保険を見つけたら、シェアさせていただきます(^^)

人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】