ロゴ

【副業のすすめ】クラウドソーシングでノマド生活を始める

在宅ワーク

会社員を辞めたい人「社畜はもう嫌だ。好きな場所で好きなことをやりたい。でもいきなり本業を辞めるのは辛そうだから、クラウドソーシングで副業してみようかな。始めるうえでコツがあったら教えて下さい。」

こんにちは、Shizuです。

好きな場所で、好きなコトで働けるとしたら、自分の人生が豊かになると思いませんか?

しかし、自分には何が向いていて、何が好きなのかよくわからない人が大半ですよね。だから会社でもモヤモヤしてしまう。

そんな時はクラウドソーシングを使って、まずは副業で色々試しながら「自分がどう感じるか」をみてみましょう。

【副業のすすめ】クラウドソーシングでノマド生活を始める

本記事の内容

  • ①興味がある事を試しにやってみる
  • ②経験を積むことが最優先(稼げなくて良い)
  • ③1年くらいやってみて、自分の軸を決める

私は、クラウドソーシングを利用し、1年半ほど仕事をしています。現在はクラウドソーシングがきっかけとなり、オンライン秘書として月10万円程稼ぐことができました。

クラウドソーシングを利用して、どのような仕事がオンラインでできるのかを知り、自分が何に向いていそうかを知ることができました。

この経験から分かったことを、本記事でまとめます。

①興味がある事を試しにやってみる


自分に何が合っているのか、まずはやってみないとわかりません。何が良いのか、悩みすぎて行動に移せない人が多すぎます。

色々試してみて、「すごく楽しい!」と思える仕事に出会えるのもまれだと思います。

「まあ…これなら続けられるかなぁ」くらいの気持ちで大丈夫です。そう思える仕事を見つけるべき。

まずは実験

クラウドソーシングでできる事は何かを調べましょう。ざっとこれだけあります。

HP作成・プログラミング・WEBデザイン・WEBライティング・ビジネスサポート・データ入力・アンケート・写真撮影・動画編集・システム開発

本業のスキルが活かせればそれで良し。全く違う業種に興味があれば、挑戦しても良し。

例えばプログラミングを始める人は、まずスキルを学ぶ必要がありますよね。いきなり副業として稼ぐことを目的にするのではなく、勉強してみるでOK。短期間で学べるコースもあったり、無料教材もあります。

ポイントは「まずは試しにやってみる。それから考える」です。なぜなら、やってみないと自分の肌間に合った仕事が何なのかわからないためです。

②経験を積むことが最優先(稼げなくて良い)


初回から稼ごうとして頑張った結果、「やっぱり稼げないじゃないか」と辞めていく人が大勢います。しかし、いきなり稼げる人はまれです。

実績づくり&関係づくりを目指す

最初は「経験を積む」ことに意識して取り組むべきです。

対応が良いワーカーであれば、発注側は継続して仕事を依頼します。また学校で学ぼうとしている人は、講師や一緒に学んでいる人との「関係づくり」をしておくと、今後につながる可能性が高いです。

相手の視点に立って行動する

どうすれば、相手がスムーズに、気持ちよく仕事をすることができるのか?

簡単に言うと上記のとおり。クラウドソーシングで仕事受注する際、「相手(発注者)ありきで成り立つ」ことを忘れてはいけません。

③1年くらいやってみて、自分の軸を決める


結果を急がず、まずは1年くらい自分にできそうなコトを試してみましょう。続かなくても大丈夫。試行錯誤する期間を持つことで、何が自分にできて続きそうか「きっかけ」をつかむことに繋がります。

ただ、ダラダラやっても結果は出ない。期間を決めて、その後は自分の軸となるものを決めるべきです。

自分の軸=楽しめそうなことは何か

これなら続きそうかなぁ。

最初は苦痛を感じない程度で、上記のように思いながら続けれそうなことで良いと思います。前にも書きましたが「すごく楽しい!!」と思えることに出会うのは難しいです。

続けれられそうなことをやり、その過程で「ある事ができた充実感、満足感を感じる=楽しい」に繋がる方が、現実的だと私は思います。

まとめ

ポイントを再度おさらいします。

  • ①興味がある事を試しにやってみる
  • ②経験を積むことが最優先(稼げなくて良い)
  • ③1年くらいやってみて、自分の軸を決める

上記を簡単に実行できるのが、クラウドソーシングの利点でもあります。

クラウドソーシングは多数ありますが、下記をおさえておくと良いです。

専門性が高いフリーランス案件をお探しの方は、下記サイトがおすすめです。

まずは行動、そして継続して努力ができれば、好きになれる事が見つかるはず。

オンラインで仕事ができれば、好きな場所でノマド生活を楽しむ事ができます。

自分の本心に耳を傾けながら、少しずつ今の生活を変えてみましょう。

人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】