ロゴ

クラウドソーシングで未経験からライティングはできる?

在宅ワーク

Webライティングに興味がある人「副業でWebライティングやってる人多いよね。ブログにも活かせそう。未経験で挑戦した人の、経験談を聞かせて下さい。」

副業や在宅ワークで、Webライティングを始める方が増えています。

そんな私もまったくの未経験からWebライティングを始めて、今ではブログを運営するまでになりました。

クラウドソーシングで未経験からライティングはできる?

本記事の内容

  • 初めの頃は、文字単価は安い
  • クラウドソーシングを使えば、仕事受注は簡単
  • ライティングスキルを無料で学べる【資産になる】

在宅ワークを探していく中で、私もWebライティングに挑戦した人の1人です。

ライティングは、これまで避けてきた分野でした。とにかく作文が苦手です。

とはいえ、「とりあえずやってみないと分かんない」精神で2度ほど挑戦したことがあります。その体験談を本記事にて紹介します。

初めの頃は、文字単価は安い


私はWebライティング未経験者です。かつ専門的な知識もありません。

そんな私が挑戦できたライティング内容は、下記のとおりです。

・エンタメメディアのライター/文字単価0.5円/4000文字で約2,000円
・商品紹介記事をのライター/文字単価0.7円/4000文字で約3,000円

多くのWebライティング初心者が受けている文字単価相場が、大体0.5円~1円くらい。記事の文字数が、クラウドソーシングで出てる案件は3,000~4,000字が一般的。

ざっくり計算すると、1記事2,000~3,000円の収入。そしてライティングにかかる時間を1記事6時間とすると、時給は約400円くらいとなります。

これが、ライティング初心者の現状です。文字単価が安い為、収入額も低いと言えます。

Webライターは稼げないのか?

未経験者が稼ぐには、時間がかかります。初心者の平均単価が0.5円~1円程度なので、始めた当初は思うように稼ぐことができないと思います。

半年~1年くらいの経験者向けで、案件が多い文字単価は1円~2円ほど。ざっくりした計算ですが、月3~5万円くらいになります。

3円~10円になると、SEOスキルやセールスライティングのスキルを求められます。収入は月10万円以上。これくらいのレベルになると、ライティングでも食べていけるようになります。

お金より大事なことがある

Webライティングは誰でも始めやすい仕事ですが、稼ぐにはスキルと経験がいる。初心者が月5万円以上稼ぐのは、努力が必須です。

でもお金以上に、「ライティングスキル」を得ることができます。そしてこれは自分の資産になります。月1万円でも自分の力で稼ぐ経験をし、ライティングスキルを学ぶ。これが自分の将来一番役に立つと思います。

クラウドソーシングを使えば、仕事受注は簡単


クラウドソーシングを使えば、簡単に仕事を受注することができます。未経験者でも、多数案件があります。

「いきなり仕事を受注して大丈夫かな?」と思うかもですが、大丈夫です。Webライティングについては、ガチの初心者でも受注がしやすい仕事。

なぜなら、発注側も未経験者に向けて、ライティングのマニュアルをしっかり設けてくれているためです。このマニュアルに沿って進めていけば大抵問題ありません。

仕事の探し方

下記の通りです。

Webライターの仕事を探す方法

上記2つがライティング案件を豊富に扱っています。
またサグーワークスは、ライティングに特化したサイトなのでおすすめ。

具体例:クラウドワークス


こちらは初心者でも書きやすそうな内容で、マニュアル完備と書かれています。

契約人数も70人も超えており、かなり参入しやすい。文字単価が0.5円で少し安めですが、手始めに1度やってみるのはおすすめ。慣れたら文字単価1円以上を狙いましょう。

文字単価別で、案件の検索も簡単にできます。

ライティングスキルを無料で学べる【資産になる】


在宅ワークを探している当初、「Webライティングは稼げないし、未来ない」という話を聞きました。しかし経験をしてみて思うのは、それは間違いだと思います。

ライティングスキルが資産になる

Webライティングで身につくスキルは以下のとおりです。

・SEOライティング
・物事を分かりやすく文章にするコツ

SEOライティング

Google検索の上位に表示されるためのライティング方法です。アフィリエイトのサイト記事作成や、自分のブログ記事にも活かすことができます。

私は最初にWebライティングを受注したマニュアルから、基礎ノウハウを教わりました。その後ブログを始めたため、かなりスムーズにSEOを意識してライティングに励むことができました。

物事を分かりやすく文章にするコツ

例えば仕事のメールやチャットで、何が言いたいのか分からない人がいます。こういった人は「分かりやすく日本語を書くスキル」が圧倒的に不足しています。

記事を作成するにあたり、分かりやすく日本語を書く練習が可能なのがWebライティングです。

この2つのスキルは自分の資産になります。仕事にも活かすことができる。お金を稼ぐことよりも、「SEOや日本語ライティングスキル」が身に就くチャンスと考えるべきだと思います。

まとめ

ライティングスキル「ゼロ」の私が、Webライティングを通して学んだポイントをおさらいします。

  • 未経験者が案件を受ける際の文字単価は0.5~1円くらいで、最初稼ぐことは難しい。経験を積めば、月5万円くらいは目指せる。その上を目指せれば月10万円いける。
  • クラウドソーシングで仕事は容易に受注できる。ライティングのマニュアルが用意されているので、勉強せずにいきなり仕事を受けて大丈夫。
  • お金よりも、「SEOスキル」と「日本語を分かりやすく書く能力」が学べる。大きな自分の資産になることは間違いない。

こんな感じです。

Webライティングに挑戦している人が多いのは、副業として稼げる「実現性」がかなり高いからでしょう。

ここで1冊、文章を書くコツを学べる本を紹介します。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

有名なブロガーさんが紹介している本の1つです。著者は以下のとおり断言してます。

文章力という武器を手に入れておくことは、将来に対する最大級の投資になる。

まさにこの一言につきます。あなたにとって、ライティングスキルは「最大級の投資」になります。

Webライターの仕事を探す方法

未経験でも参入しやすい分野です。是非、トライしてみてください。

人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】