- 在宅フリーランス女子のためのお役立ち情報サイト -

SleeFi(スリーファイ)とは?睡眠で稼げるゲームアプリの特徴と稼ぎ方を解説【Sleep to Earn】

暗号資産

悩む人「寝て稼げるSleeFiってどんなゲームかな?特徴と稼ぎ方を誰か教えてください」

Play to Earn やMove to Earnが話題になる中、次は「寝て稼ぐ」が誕生しました。その名も「Sleep to Earn」です。

人間の生活には欠かせない睡眠。その睡眠に付加価値をつけ、仮想通貨が稼げるようにしたのがSleeFiです。本記事では、Sleep to Earnの先駆者であるSleeFi(スリーファイ)をご紹介します。

SleeFi(スリーファイ)とは?睡眠て稼げるゲームアプリの特徴と始め方を解説【Sleep to Earn】


SleeFiを始めるにはNFTベットを購入する必要があり、仮想通貨取引所の口座が必要です。

持っていない方はコインチェックで口座を開設しておきましょう。コインチェックは、取引操作が簡単で初心者にも扱いやすい取引所。無料で解説できるので、大手仮想通貨取引所の口座を1つ持っておくと今後も便利です。

» コインチェックの口座を早速開設する

本記事の内容

  • SleeFi(スリーファイ)とは?
  • SleeFi(スリーファイ)の特徴
  • SleeFi(スリーファイ)の稼ぎ方
  • SleeFi(スリーファイ)の始め方
  • まとめ:労力なくして稼げるSleep to Earn

SleeFi(スリーファイ)とは?


画像引用元:公式サイト

SleeFiとは寝ることでゲーム内通貨SLFTを稼ぎ、現金への換金やNFT売買ができるゲームアプリです。日本発のSleep to Earnプロジェクトで、日本人のMegumi Hayashidaさん(@Megumi_sleefi)が創立者となります。

まだ正式なローンチはされていないのにも関わらず、公式Twitterには2.7万人フォロワーがおり大きな話題をよんでいます。 ※フォロワー数調べ:2022年7月12日現在

毎日、睡眠時間をスマホアプリで記録することによって、SLFTが稼げます。この睡眠を計測するためには、ゲームを始める前に「ベットNFT」を購入する必要があり初期投資がかかってきます。この点はSTEPNと同じような感じですね。

睡眠で稼ぐSleep to Earnは、歩いて稼ぐMove to Earanよりも労力を使わない事がポイントです。

SleeFi(スリーファイ)の特徴


SleeFiの大きな特徴は下記の3つです。

  • Sleep to Earnの先駆者である
  • 2種類のトークンがありNFTベッドも豊富
  • Avalanche(アバランチ)チェーンを使用している

Sleep to Earnの先駆者である

Sleep to Earnとは、仮想通貨を稼ぎながら睡眠の促進を促すプロジェクトです。○○ to Earnという言葉が仮想通貨業界で流行っていますね。その中でも、Sleep to Earnは2022年から耳にするようになり、比較的新しい概念と言えます。

ゲームアプリはSleeFi以外にも、Sleep ecosystem(スリープエコシステム)Sleepagotchi(スリーパゴッチ)が有名です。

SleeFiは日本人が立ち上げたプロジェクトで、他Sleep to Earnゲームアプリに比べてもTwitterフォロワー数が多いことから注目度が高いと言えるでしょう。

Discordのコミュニティ参加者は約14,000人。各国ごとでやり取りが盛んに行なわれており、最も活発なSleep to Earnプロジェクトです。

2種類のトークンがありNFTベットも豊富

SleeFiには2種類の通貨が用意されています。

・ゲーム通貨:SLFT
・ガバナンス通貨:SLGT

ゲーム通貨SLFTは、睡眠で稼ぐことができます。SLFTを使い、購入したベッドの改造を行なうことが可能です。ガバナンス通貨SLGTでは、ゲーム内のレベルアップやミント、運営に関するDAOに参加することができます。

SleeFiで用意されているNFTベッドは種類が豊富。ハンモック型やデザインが可愛いベッドが多いです。このNFTベッドによって、獲得できるSLFT通貨の上限が違ってくるため、沢山の通貨が稼げるベッドを選びましょう。

Avalanche(アバランチ)チェーンを使用している

Avalancheチェーンの特徴は2つあります。

・処理速度が早い
・低コストである

時価総額2位のイーサリアムより処理速度が早いため、「イーサリアム・キラー」と言われています。ユーザーが多いと、処理速度が遅くなるのが一般的ですが、Avalancheチェーンを利用することによって処理速度を低下させない仕組みを取り入れています。

SleeFi(スリーファイ)の稼ぎ方


SleeFiの稼ぎ方は下記の通りです。

  • 睡眠で稼ぐ
  • クエスト達成で稼ぐ
  • NFTの売買・レンタルで稼ぐ

睡眠で稼ぐ

基本は眠って稼ぐ方法ですね。STEPNと同じように初期投資はかかりますが、ベッドNFTを購入して毎日眠ることで睡眠スコアに応じたSLFTが獲得できます。

ベッドのレベルを上げたり、Candy NFTというアイテムを使用することで効率的にSLFTを稼ぐことが可能です。

クエスト達成で稼ぐ

今後、デイリークエストやマンスリークエストが実装予定です。クエストを達成することで、アイテムや通貨などの報酬を獲得することが可能になります。

「スペシャルクエスト」も用意される予定で、より豪華な報酬を得ることができます。

NFTの売買・レンタルで稼ぐ

SleeFiではNFTベッドの売買だけではなく、レンタルサービスも設けています。レンタルサービスとは、自身が保有するNFTベッドを他のプレイヤーに貸せる機能です。

レンタルの報酬は、下記の通り設定されています。

・貸出主:30%
・借主:55%
→残りの15%は手数料

貸出主よりも借り手の報酬が多いため、NFTベッドを購入できない人でも稼ぎやすいシステムだと言えますね。

SleeFi(スリーファイ)の始め方


SleeFiを始めるには、まずNFTベッドを購入するための仮想通貨AVAXが必要です。AVAXは国内の仮想通貨取引所では取り扱いがないため、海外の取引所を使います。

そのため、下記の流れで始めると良いでしょう。

  • ①コインチェックで口座を開設→イーサリアム購入
  • ②Binanceの口座開設
  • ③購入したイーサリアムをBinanceへ送金
  • ④BinanceでAVAXを購入する
  • ⑤SleeFiのウォレットにAVAXを送金する

①コインチェックで口座を開設→イーサリアム購入

国内の仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、開設が必要です。

おすすめはコインチェック。初心者でも操作が簡単です。国内で最大手の仮想通貨取引所であり、口座開設は無料。5分程度でサクッとできます。

» コインチェックの口座を開設する

コインチェックの口座開設・購入方法は下記の記事を参考にしてください。

本人確認まで完了したら、イーサリアムも購入しておきましょう。

②Binanceの口座開設

Binanceは海外の仮想通貨取引所です。ここで購入したイーサリアムをBinanceへ送金し、仮想通貨AVAXを購入しましょう。

Binanceの口座を持っていない方は、こちらからどうぞ。開設方法は下記を参考にしてください。

③購入したイーサリアムをBinanceへ送金

送金の方法は下記の通りです。

①コインチェックの送金画面から「Ethereumを送る」を選択
②送金先リストには、バイナンスのERC20アドレスを貼る
③送金したいイーサリアムの額を入力
④「送金する」ボタンをクリック

④BinanceでAVAXを購入する

いよいよNFTベッド購入に必要な仮想通貨AVAXを購入します。

購入方法は、下記の記事を参考にどうぞ。

⑤SleeFiのウォレットにAVAXを送金する

SleeFiアプリのダウンロードとユーザー登録は、本格的にリリースされてから紹介します。

今のところ、リリース日は未定です。公式Twitterでの発表を待ちましょう。リリースされた後スムーズに動けるように、④まで対応しておくと安心です。

まとめ:労力なくして稼げるSleep to Earn


SleeFiは、寝ることで稼げるSleep to Earnプロジェクトの先駆者です。

STEPNと同じようにNFTを購入する必要があるため初期投資が必要にはなりますが、Move to Earnより労力を使わずに稼げるでしょう。

正式なリリース日は未定ですが、公式HPのロードマップを見る限り2022年にはオープンされる予定です。

SleeFiに興味がある方は、まずは国内の仮想通貨取引所口座を持っておきましょう。持っていない方は、コインチェックで無料で開設できます。正式にローンチされた後スムーズに遊べるように、準備をしておきましょう^^

» コインチェックの口座を開設しておく
コインチェック