ロゴ

【一時帰国のネット接続】成田空港で受取可能なWifiサービスが便利!

海外移住

海外在住者「日本へ一時帰国する際のインターネット接続問題。毎回悩みますが、皆さんはどうされてますか?」

1年に1度、2~3週間日本へ一時帰国しているShizuです。

私は一時帰国時、毎度Wifiモバイルルーターをレンタルしています。

各所に無料で使えるWifiスポットがありますが、セキュリティーの問題もあるし、Wifiスポットを見つけられないとストレスですよね。

どこでも気軽にネット接続をしたいのなら、やはりWifiモバイルルーターをレンタルするのがおすすめ!

本記事では、私が利用しているモバイルルーターサービス「Wifiレンタルどっとこむ」について書き進めていきます。


【一時帰国のネット接続】成田空港で受取可能なWifiサービスが便利!

本記事の内容

  • 一時帰国中の必需品wifiレンタルどっとこむの概要
  • wifiレンタルどっとこむのおすすめポイント
  • wifiレンタルどっとこむデメリットは1つだけ

もはや、どこにいても無くてはならないインターネット環境。

実家でも、インターネット接続をされている所が多いです。カフェやレストラン、ドラッグストア、駅などにも無料wifiがあるので、正直モバイルルーター無くても何とかなる。

ただし、無料wifiはセキュリティの問題があるし、外出先で無料wifiスポットが見つからないと何かと不安になりますよね。そのため、私は毎度「Wifiレンタルどっとこむ」を利用して、安心感を得ています。

一時帰国中の必需品「wifiレンタルどっとこむ」の概要


Wifiレンタルどっとこむは、大手のwifiレンタルサービス会社です。

wifiレンタルどっとこむの概要

  • 利用者数累計1400万人
  • 1日単位で申し込みが可能
  • 国内用wifiレンタル2年連続No.1
  • 365日無休のコールセンター完備のサポート体制
  • 国内主要空港(国内11空港)やコンビニ、宅配で受取可能

ざっとあげてこんな感じです。一時帰国だけでなく、国内旅行や引っ越し、入院、テレワークを目的としてモバイルルーターを利用する人も多いようですね。

他社はどんな感じ?

wifiレンタルどっとこむ以外に、下記の会社があります。

どの会社も1日単位で利用が可能で、空港内での受け取りが可能。

サービス自体にあまり大差はないのですが、モバイルルーターの種類やプラン(容量制限)は、wifiレンタルどっとこむが一番多いです。

wifiレンタルどっとこむのおすすめポイント


利用して感じたおすすめポイントは、下記の通り。

  • レンタル料金が安い
  • データ量を選ぶことが可能
  • 最短即日発送で対応が早い
  • 国内の主要空港で受け取り&返却が可能

レンタル料金が安い

機種やデータ量によって料金が異なりますが、30泊31日のレンタル料金(税抜)を紹介します。

5G=2,514円(1日当たり81円)
7G=2,852円(1日当たり92円)
10G=3,658円(1日当たり118円)
データ無制限(1日制限なし)=5,946円(1日当たり191円)
※2020年5月調べ※

参考までに、私が前回16泊17日プランを利用した際の明細をお見せします。
▼ SoftBank E5383 無制限_1台

2週間ちょいのレンタルでも、配送料含めて6千円以内に収まりました。

やはり長い期間レンタルするだけ、料金も安くなります。

データ量を選ぶことが可能

・5GB
・7GB
・10GB
・無制限

用途によって上記4パターン選ぶことができます。

例えば、利用頻度が低く、画像の受信は一切利用がない場合は5GB~7GBで十分。WEB閲覧や各種SNSを適度利用する方は、10GB。私の場合はこのデータ量に縛られたくなく自由に使いたい為、無制限を選んでいます。

ちなみに通信スピードで不自由したことはありません。どこに行くにもここのモバイルルーターを使っていましたが、通信が切れることは1度もなかったです。

最短即日発送で対応が早い

wifiレンタルどっとこむは15時まで申し込みができれば、翌日に成田空港での受取が可能です。

申し込みから発送まで2~3営業日かかる会社が多く存在する中、これはかなり早い対応。身内の不幸で急遽帰国となったことがありましたが、フライト前日に申込をして、問題なく空港で受け取れることができました。

国内の主要空港で受け取り&返却が可能

これは海外在住者にとってありがたいサービス。日本に着いてすぐ利用でき、出国のギリギリまで使うことができます。

成田空港・羽田空港・関西国際空港・伊丹空港・中部空港・福岡空港・新千歳空港・那覇空港・小松空港・富士山静岡空港・仙台空港

上記空港内で受取&返却が可能です。日本の主要空港を網羅しています。

ポスト投函で返却もOK

ポスト投函で返却もできます。私は成田空港を毎回使うのですが、返却はこのポスト投函を使ってます。なぜなら成田空港第3ターミナル(Jetstar利用)の出国ゲート入り口にポストがあるから。出国のギリギリまで使えるし、かなり便利です。

この空港内での受取&返却(ポスト返却含)は、下記の通り手数料がかかってきます。それでも、利便性を考えたら安いですよね。

受取方法(税抜) 宅配:500円 空港:500円 コンビニ:500円
返却方法(税抜) 宅配:ユーザー負担 空港:500円 ポスト投函:470円


wifiレンタルどっとこむデメリットは1つだけ


デメリットは何かを考えましたが、1つだけありました…

それは成田空港第2ターミナル内の受け取りカウンターが、遠い場所にあること!

私はJetstarをほぼ毎回利用するのですが、第3→第2に移動して、かつ一番奥側のカウンターまでスーツケースを持ちながら歩くのは結構しんどい。

長旅の疲れもあって、毎回「遠いなぁ…泣」と思いながら取りに行っています。

まとめ

一時帰国の際は、やっぱりWifiルーターがあった方が便利です。日本ではまだまだ無料Wifiスポットが少ない方ですし、近郊にお住まいの方ならなおさらですね。

毎度利用しているwifiレンタルどっとこむの、おすすめポイントを再度おさらいです。

  • レンタル料金が安い:2週間で6千円以内に収められる
  • 最短即日発送で対応が早い:帰国前日の申し込みでもOK
  • データ量を選ぶことが可能:用途によってプランを選べる
  • 国内の主要空港で受け取り&返却が可能:最速&ぎりぎりまで使うことできる

空港で受取ができれば、日本に到着後すぐにWifiが使えて便利です。モバイルルーターをレンタルして、ストレスフリーで一時帰国を楽しみましょう!

これからも私は、Wifiレンタルどっとこむにお世話になります。

人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】