ロゴ

ブリッジングビザBの申請方法を公開【簡単です】

海外移住

ブリッジングビザA保持者で、一時帰国する人「日本に一時帰国するから、ブリッジングビザBの申請をしないと。初めて申請するけど簡単にできるかな?だれか大体の流れを教えて下さい。」

オーストラリアの出入国で、何かと問われるビザ問題。

誤りがあると問題になりかねないので、慎重に行う必要があります。

本記事では、ブリッジングビザA保持者で、一時帰国の為にブリッジングビザBを申請する方へ向けて書き進めていきます。

ブリッジングビザBの申請方法を公開【簡単です】

本記事の内容

  • ブリッジングビザとは?
  • ブリッジングビザBの申請方法【画像付きで解説】

この記事を書いている私は、2019年4月にパートナビザ820を申請しブリッジングビザAを保持しています。

2019年12月に日本へ一時帰国するため、ブリッジングビザBを申請しました。その際の申請方法を、画像付きで分かりやすく解説していきます!

とはいえ、まったく難しい手順ではなく、15分あれば申請できちゃうので安心して下さい。

ブリッジングビザとは?


ブリッジングビザとは、ざっくり言うと「橋渡しビザ」です。

現在保持しているビザ有効期限内にオーストラリアにて新たなビザを申請した場合、現在保持のビザ有効期限が切れて新しいビザの結果が出るまで有効なビザです。

例えばパートナービザ820を申請した場合、審査待ち期間が1年間以上あります。この審査期間中に自分が保持していたワーホリビザが切れた場合は、ブリッジングビザAでオーストラリアに滞在できるという仕組みになっています。

ブリッジングビザにも種類がある

ブリッジングビザは5種類あります。一般的に使われるのは、AかBですね。C~Eは、特殊なケースの場合のみ使われます。

・ブリッジングビザA:新しいビザ審査中の待ち期間に自動的に取得できる。 
・ブリッジングビザB:オーストラリアを一時出国する際、再入国するのに必要。
・ブリッジングビザC~E:不法滞在や書類提出に時間がかかるときに使われる。

ブリッジングビザAを保持している人は、オーストラリアを一時出国する際はBを申請します。

申請せずに出国してしまうと、ブリッジングビザAが自動的に失効してしまうため要注意です。

ブリッジングビザBの申請方法


では早速、申請の流れを見ていきましょう。

ImmiAccountにログイン。

②Application details pageの、Bridging visa informationを選択。

③Apply for a bridging visaを選択。

④一時帰国の場合、一番上を選択。

⑤一時帰国者の詳細を書くため、Addを選択。

⑥一時帰国者の詳細を書く。(パスポート情報、帰国日程)

⑦連絡先を書く。(帰国時の滞在先、メールアドレス)

⑧健康状態についての質問。(何もなければNoを選択)

⑨犯罪経歴があるかの質問。(何もなければNoを選択)

⑩これまでの内容に偽りがないか、宣誓する。(同意であればYesを選択)

⑪一時帰国に関わる「証拠資料」をアップロードする。

例:フライトの詳細、一時帰国中の日程表、パスポート など

私は自作で簡単にスケジュールをまとめた資料(ワードで作成)と、フライトの詳細(スクショでワードに張付け作成)を添付しました。日程表は下記のような感じ。

⑫クレジットカードで支払をし、完了!
支払いはクレジットカードまたはデビットカードで行います。気になる金額は…

$155+$2.05=$157.05

$157でした。

一時帰国するだけでも、お金が1万円ちょっとかかります。

まとめ

申請をした翌日に、ブリッジングビザBの許可が下りました。

意外に受理が早くて拍子抜けでした。ビザの受理期間は、長い間待たされるイメージしかなかったため一安心です。

ブリッジングビザBの申請は、上記の説明通り簡単です。申請の必要がある方は、肩の力を抜いてらくーにらっていきましょう。

ブリッジングビザBには有効期限があります。私の場合は1年間でした。Multiple entriesになっているので、この有効期限内であれば何度でも帰国が可能となります。

以上、参考になれば嬉しいです☺

ちょっとだけ宣伝です

このブログでは、オーストラリア在住者向けに役立つ情報(年金や保険など)を発信しています。良ければ引き続きご覧ください。


人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】