- 兼業主婦の仕事・暗号資産ブログ in Australia-

仮想通貨はいくらから購入できるのか?1BTC(ビットコイン)は高額だからと諦めてる方必見です

暗号資産

仮想通貨を購入したい人「仮想通貨っていくらで購入できるの?ビットコインは高いっていうし、少額からでもはじめられるのかな」

2021年12月23日現在の1BTC(1ビットコイン)価格は、なんと558万円です。

1つビットコインを買うのにこんな大金を払える方は、そうはいないはず。中堅会社員の年収に相当する価格ですよね。お金に余裕がある方でないと、払えない金額です。

しかし、ビットコインは1単位から購入しなくても大丈夫。多額のお金がなかったとしても、もっと小額から始めることができます!

本記事では、いくらから仮想通貨を始めることができるのかを解説していきます。

本記事の内容

ビットコインは数百円から購入が可能である


いきなり結論ですが、ビットコインは数百円から購入することが可能です!

取引所にもよりますが、例えば仮想通取引所bitbankでは、0.0001BTCから買い注文が可能。0.0001という単位は、日本円でいうと数百円くらいです。

数百円くらいなら、ちょっと試しに購入もできますよね。

ビットコインの単位

まずはビットコインの単位をみていきましょう。

  • BTC/satoshiという単位を持つ
  • 1satoshiが最小単位(1satoshi=0.00000001BTC)
  • 取引所では基本BTCを単位に使うことが多い

※どの単位で取引できるかは取引所次第です

BTC/satoshiという単位を持つ

BTCは「ビットコイン」の略称です。

satoshiという単位ですが、ビットコインの考案者である「ナカモトサトシ」の名前から付けられました。ちなみに、このナカモトサトシ氏の素性は謎のままでいまだ明らかにされていません。

1satoshiが最小単位(1satoshi=0.00000001BTC)

ビットコインの最小単位は1satoshi=0.00000001。これが最小単位です。しかし、satoshiという単位自体はあまり使われていません。

取引所では基本BTCを単位に使うことが多い

基本取引所で取引を行う場合は、BTCという単位を使います。また、取引所によってどれくらいの単位で注文できるか変わってくるので注意しましょう。

実際に、取引所の最小単位はどれくらいなのかを次で説明します。

各取引所のビットコイン最小注文単位


以下の表をご覧ください。

BTC/JPY ETH/JPY XRP/JPY
bitflyer 0.001BTC 0.01ETH 0.1XRP
Coincheck 0.005BTC
Zaif 0.001BTC 0.001ETH
bitbank 0.0001BTC 0.0001ETH 0.0001XRP

※2021年5月の情報

上記4つが、日本で取引OKな主要の仮想通貨取引所です。

BTC(ビットコイン)を見てみると、bitbankの0.0001BTCが一番細かい単位で注文ができることがわかります。

ビットコイン以外では、ETH(イーサリアム)やXRP(リップル)という比較的市場の大きい通貨があります。どちらをとっても、bitbankが一番細かい単位で注文ができるようです。

上記は、仮想通貨取引所を選ぶ基準の1つの参考にもできますね。

まとめ


「稼働通貨ビットコインは高すぎて自分には到底無理!」なんて思っていた方もいるのではないでしょうか。

1BTCは558万円もして、気軽に買える額では到底ないし、お金に余裕があるリッチな方々しか買えない金額。

でも、仮想通貨は「最小単位」がもっと細かく定められているので、数百円から購入できます!お試しで買ってみることもできる額ですね。

bitbankが一番細かい単位で注文ができるので、気になる方は下記からご覧ください。

まずは少額から仮想通貨投資を始めてみましょう!