ロゴ

【オーストラリアの銀行口座】利率が良いおすすめのインターネット銀行

海外移住

オーストラリアに住む予定の人「もうすぐオーストラリアへ移住だけど、利率が良い銀行で口座を開きたいなぁ」

オーストラリア在住の皆さんが持っている銀行口座は、4大銀行の口座がほとんどです。

しかしその他に、利率が4大銀行より高く、あまり知られていないインターネット銀行があります。それが、ING銀行です。

本記事では、これからオーストラリアで銀行口座を作ろうとしている方へ向けて、利率がどこよりも高い、ING銀行について書き進めていきます。

本記事の内容

  • 利率が良いオーストラリアの銀行口座は?
  • ING銀行の概要
  • 4大銀行との違いとは?INGのデメリット

とはいえ、オーストラリアの銀行は、どこも日本に比べて金利は高いです。日本の銀行の利息は、残念ながらほぼ付きません。

私は夫婦ともにING銀行を持っていますが、数か月前の夫の利息は一か月で$70でした!

利率が良いオーストラリアの銀行口座は?


オーストラリアで作るべき銀行口座は、ING銀行です。

このING銀行に勝る利率は、ありません。

4大銀行の利息率

オーストラリアの4大銀行とは、下記の通りです。オーストラリア人の間では、ビッグフォーと呼ばれています。

・NAB(ナショナルオーストラリア銀行)
・CBA(コモンウェルス銀行)
・ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)
・WBC(ウエストパック銀行)

ビッグフォーのSaving Accountの利率を見ていきます。※2020年2月調べ※

Fixed bonus marginは、初めて各銀行のSaving accountを持つ方が対象で、3~5か月のみ適応されます。

ビッグフォーの利率は、Fixed bonus marginを含めて、おおよそ1.60%。しかもこのレートは、最初の数か月のみの適応となります。

それに比べ、ING銀行の利率は、条件があるものの、1.95%をキープすることが可能です。(条件はこの後解説します)

» ING銀行を見てみる

2020年10月1日更新情報

利息が1.50%まで下がりました( ;∀;)コロナの影響でしょうか、、、

2020年3月31日更新情報

ING銀行の利率は、1.80%と下がってしまいましたm(__)m

ING銀行の概要


ING銀行は、インターネット銀行で、オランダ発祥の総合金融機関「INGグループ」の関連会社です。現在オーストラリアには、200万人以上のユーザーがいます。

インターネット銀行の為、店舗がありません。ここが4大メガバンクと大きく違う点です。

Saving Maximiserの利率条件


INGのSaving account(Saving Maximiser)の利率は以下の通りです。

1.50%  (0.10/standard variable rate + 1.40/additional variable rate)
→2020年10月1日の最新情報です

続いてこの利率を当てはめる条件は、3つあります。

  • 毎月$1,000以上入金がある
  • 口座から、毎月5回以上の利用がある事
  • INGのTransaction accountを持っている
  • 【補足】100K以上ある場合は、この利息率には当てはまらない

働いている方であれば、この条件は難なくクリアできるでしょう。

ING銀行のメリット

  • 口座維持費が無料
  • ATM手数料も無料(どの会社のATMを使ってもOK)

INGでは「手数料」が一切かかりません。

それに対し4大メガバンクでは、口座維持料が毎月$4~5かかる銀行(CBA,ANZ,WBC)がほとんどです。唯一、NABが無料です。

現状、利率は下がり続けている

ここで残念なお知らせがあります。

INGの利率は、2019年だけでも4回カットされています。※以下はFP調べ※

現在は、残念ながら2%をきってしまいました。オーストラリアに長く住んでいる方は、過去7~8%が当たり前の利率だったので、現状に納得されていない方も多いとか。

また、2020年のコロナショックにより、利息はかなり下がりました。残念ながら、これからも減り続ける可能性もあります。

4大銀行との違いとは?INGのデメリット


利率だけで見てみると、ING銀行が断然トップです。では、INGと4大銀行と比べて、INGのデメリットは何でしょうか?

店舗を設けていない

INGはインターネット銀行の為、店舗がありません。よって、対面での手続きはできません。

あまり対面で手続きするメリットも感じませんが、オンラインで行うことに抵抗がある方は難しいですね。

日本語対応が一切できない

4大銀行には、日本語を話すスタッフが常駐している支店がある為、日本語での口座開設が可能です。これは英語が不安の方は大きなポイント。

INGで何か困ったことがあった場合、すべて英語対応となりますが、基本メールかチャットで簡単に解決できます。話す必要がない為、安心だと言えるでしょう。

これくらいでしょうか… 店舗を設けていないのは、大きなデメリットには個人的には感じません。

まとめ

オーストラリアで利率が高い銀行は、ING銀行のSaving Maximiserです。2020年10月現在の利率は1.50%と、他銀行より少しだけ良いです。

  • 毎月$1,000以上入金がある
  • 口座から、毎月5回以上の利用がある事
  • INGのTransaction accountを持っている

この条件さえあれば、良い利率を維持することができます。

オーストラリア在住の方でING銀行もっていない方、一度ご検討ください。高い利率をもらって得しましょう。


人気記事育児と仕事を両立する方法【オンライン秘書という働き方】

人気記事【ノート使い】ToDoリストの作り方【現役オンライン秘書が実践】